くれっちろぐ

描いたもの作ったものをひたすら載せてみます!!

コミティア121の見本誌読書会へ行きました

f:id:kurenausagi:20170827034937j:plain

昨日、コミティア121の見本誌読書会へ行きました。

 

見本誌読書会とは。

 

先日開催されたコミティアに提出された新刊を自由に読める会です。

 

いつも、イベントの一週間後くらいにあります。

 

私の新刊も、置いてあったはず。

 

 

 

あ・・・コミティアというのはオリジナル作品限定の同人誌即売会です。

 

今まで説明した事なかったですよね^^;

 

二次創作とコスプレは禁止されてます。

 

コミケはお祭りのようですが、コミティアはとても真面目な雰囲気です。

 

読書会も真面目で、とても静かです。図書館のようです。

 

 

 

夫と2人で行きました。

 

夫は、50目前の仕事人間で、絵は描きませんが、スポーツ漫画や歴史漫画、社会派漫画などはたまに読みます。

 

普通の人の意見って、すごく貴重なんです。

 

日本全国で絵を描く人って、きっとほんの一握りです。

 

ウェブで絵描きが集まってワイワイやってると、その世界がアタリマエになってしまいますが、それは実は小さな世界。

 

それ以外の人たちにかかれば、うちらの常識はあっという間に覆されます。

 

「そう見えるのか!!」

 

「ああー・・・なるほどねー・・・」

 

と、目からウロコなんて事、結構ありますよね。

 

 

 

 

私は常日頃、今時の萌えイラストを描けるようになりたいと思ってます。

 

だけど夫は

 

 

「綺麗だなとは思うけど、みんな同じに見えるから覚えてない」

 

 

って言いました(@@;)

 

 

 

 

なんですと?

 

 

 

 

ああ、絵描かないからそう思うのかもね。

 

と、次の話題へ。

 

 

 

面白い本みつかった?

 

 

「あったあった!!

前の読書会に来た時にも見かけた絵で覚えてたから

それを読んでた^^」

 

「ほらほら、この絵だよ」

 

 

と、スマホで見せてくれた画像は、夫の気に入った作品の一部の絵。

 

 

個性的なんだけど、万人受けする優しい絵柄です。

 

ちなみに、他の美しい本の中にあった個性的な本だったので、私もその本を見ていました。

 

で、やっぱりこうして覚えてるんですよね。

 

 

 

「この人の絵、前もどこかで見たな~」

 

 

 

って思ってもらえるのを目指すのも、良いかもしれないです。

 

 

 

 

用事があって、読書会終了1時間前に会場入りしました。

 

時間がないのに、大量の漫画があるので、「これダ!!」って漫画をみつけて読みたかったです。

 

すると自然と、表紙を見て選別する事になりました。

 

いつもは時間に余裕持って行くので、手にした漫画は全て目を通していました。

 

表紙や絵柄だけでは、漫画の内容が面白いかどうかなんて判断できないので・・・。

 

でも昨日は表紙で大体決めてしまいました。

 

 

 

 

それと、コピー本は読まなかったです・・・。いつもは読むんですけどね。

 

コピー本というのは、自分で印刷してホチキスなどで本にしたものの事を言います。

 

昨日は印刷所で製本した漫画をメインで読みました。

 

自分も両方作った事がありますけど、お金かけて印刷所に依頼して作る本は、漫画を描く時も気合の入れ方が違います。

 

もちろんコピー本も頑張って作られてるのはわかっておりますけど、更にもうひとつ超えた努力をされた本を読みたいなって思いました。

 

自分の漫画を読んでくださるってのは、相手の時間を使ってることになります。

読んでよかった!!とか、面白かった!!とか、何かしら少しでも心に残るように作っていきたいなと、そんな事を思った昨日の読書会でした。